ブログ

はみ出しナースの歩歩是道場~おふくの日々~

おふくの日々のできごとや、はみ出しナースのつぶやきを綴っています。

ときどき、看板むすめ:さっちゃんの写真も掲載中。

カテゴリ一覧


介護新着3件

やっぱり『高知家』は熱い!

高知市内で開催された「第1回 高知家統一基本ケアセミナーフォーラム」に行ってまいりました。

高速道路から見える山あいの里では、もう水田に水がひかれていて、キラキラと春の陽に輝いておりました。

そんな南国土佐の医療・福祉関係者が集結した会場は、やっぱり熱い情熱に満ち満ちて、圧倒された数時間でした。

 ⇒前回の『高知家』訪問はコチラ

 

 

「高知家基本統一ケア」は、「どんな状態でも、どこで暮らしていても、安心して暮らすことのできる高知県」にするため、平成26年から始まりました。

 

続きを読む

動けるから転ぶことができる

実家の母が台所で転びました。

それも、3日の間に2度なのだとか。

父からの情報漏洩です(笑)

情報漏洩された母のご機嫌伺いに。

転び始めた3年前に比べたら身体機能は明らかに低下していますが、あの当時のような大ケガは最近ありません。

ゴソゴソ動くときに、「かなり用心しよるから」と本人。

それなのに転んだのが「情けない」とのことですが、転び始めたころは、衰えの自覚が追いつかないから勢いよく転んでいたのだと思われます。

2度の圧迫骨折で腰が曲がってしまい、痛みも伴って動作もゆっくり、転び方も上手くなったかもしれません。

続きを読む

人の動きの基本を学ぼう

ネコの胸椎は13個でヒトより1個多く、腰椎は7個で2個多い。

背骨の数が多いから、毛づくろいのセクシーポーズや、ひとり運動会での柔軟な動きが可能となるわけですね。

そして、にゃ~んと、鎖骨が他の骨と連結してにゃい!

鎖骨は、筋肉の土台となって浮いている状態なのだとか。

だから、狭い隙間でも通ることができるのですね。

他にも、ネコとイヌの違いを解剖学で調べてみると「なるほどなあ~」がいっぱいで面白いですよ。

さて、なんらかの理由で不自由な状態にある人の「動きの介助」を行うために大切なことの一つが、「人の自然な動きを知る」ことであり、解剖生理学的な理解が必要です。

続きを読む

サロン 新着3件

通過儀礼と再生の物語

第10回「本好きのための読書サロン」には、『旅立ち』をイメージした本が持ち寄られました。

人は、生まれてから最期を迎えるときまで『成長と発達』を続けると言われています。

参加メンバーが『旅立ち』からイメージしたのは、発達段階や人生の節目に訪れる通過儀礼と別れの物語、死と再生の物語でありました。

アンパンマンの作者・やなせたかしさんの本が出てきた瞬間「そうそう、そうだね~」全員一致の納得感がすごかったです(笑)

テーマ「旅立ち」のキーワードは、まさに「愛と勇気だけがともだちさ」なのでありました。

続きを読む

第10回「読書サロン」のテーマ発表♪

第10回「本好きのための読書サロン」を4月14日(土)に開催いたします。テーマは「旅立ち」。

3月から4月にかけては、人生の節目、別れと出会いの季節というイメージがあります。

 

読書サロンの会員になる条件は、①本が好き ②ざっくり・ゆるゆるの時間が好き この二つです。

読書は一人でするもの。

自分だけの至福のときもよいですが、それを持ち寄って何倍にもすることができる場所が読書サロンです。

 

季節は異なりますが、私の好きな「旅立ち」の俳句を。

 

お立ちやるかお立ちやれ新酒菊の花 漱石

 

送られてひとり行くなり秋の風   子規

 

松山の愚陀仏庵で共に過ごした子規が、東京に帰っていく。

その送別の宴で詠まれたとか。

コラージュで達成感♪

第1回「おとなのコラージュ倶楽部」報告です。

コラージュ(collage)とは、「膠(にかわ)で貼り付ける」という意味で、細胞と細胞の隙間を埋めているタンパク質「コラーゲン(collagen)」に由来しているとか。

現代絵画の技法のひとつで、ばらばらの素材(新聞や雑誌などの切り抜き)を組み合わせて構成します。

心理臨床の分野では、芸術療法のひとつとして、子どもからお年寄りまで幅広く取り入れられています。

今回はテーマを決めず、思うままにやってみました。

了解いただいた作品と感想を紹介します。

続きを読む

にゃんこ 新着3件

『魅惑の表情』で支配されてる

暖かいお風呂の蓋の上でウトウトするのが大好き。

「お湯はり」を始める気配を察知すると、浴室の前でスタンバイして待っています。

家じゅうどこだって、ネコ様が優先なのであります。

 

ポール・ギャリコ著『猫語の教科書』は、猫の手による猫のための「快適な生活を確保するために人間をしつけるにはどうしたらよいか」という本で、「魅惑の表情で人間の家を支配する方法」が書かれています。

 ⇒過去記事はコチラ

支配され下僕となって幸せな暮らしを送っているのは人間というわけです(笑)

続きを読む

かけがえのない三つのもの

2月22日ニャンコの日に発売されたDVD「ボブという名のネコ~幸せのハイタッチ~」。

ホームレスで薬物依存症の青年が、ケガした野良猫を助けるところから物語は始まります。

人生で初めて守るべき存在を得た彼は、『ビッグイシュー』を売ることで生活を立て直し、依存症と闘うことを決意します。

 ⇒映画のオフィシャルサイトはコチラ

実話をもとにした映画で、なんとネコのボブが、ほとんどの場面で本人役として出演しています!

 

続きを読む

じっと見つめられている

続きを読む

ふっくら気持ちいい♪

続きを読む

ネコにかまける日々

今朝、冷たい雨が降っていました。

ご近所ネコの餌を入れようと窓を開けたら、クロちゃんがいました。

最近「シャー!」が小声になってきて、「決まりごとだから一応やっとくけどね」という感じではありました(笑)

傍で見ていても餌を食べるようになったし、先日は、畑の向こうから走って来たりして、かわいいのなんの(^^)

 ⇒ご近所ネコ世代交代についてはコチラ

そしてついに!

今朝は、なんと段ボールハウスに入っておりました!

寒くなったからね、よかった、よかった。

段ボールハウスは、先輩の“だびちゃん”が来なくなってしまったあとリフォームして、後輩の誰かが使ってくれるのを待っていました。

続きを読む

その他 新着3件

メディカルハーブの楽しみ

昨年の「ハーバルセラピスト」講座で作ったエキナセア・チンキの効果を実感して以来、チンキ剤にはまっています♪

ハーブをアルコールに浸すことで、植物に含まれる水溶性成分も脂溶性成分も抽出できてしまうチンキ剤。

簡単にできて長期保存ができて、しかも使いやすいという優れものです。

不精な私には、ゆったりハーブティをいただいたり、お料理に取り入れたりするよりピッタリなんです(笑)

免疫賦活作用のエキナセアで風邪薬を使わない冬をすごし、抗菌・収れん作用のセージで喉の不調を乗り切りました。

続きを読む

『華々しい意志であれ』

小雨が降ったり陽が射したりしている今日は、「国際女性デー」です。1975年に国連が定めた記念日で、1904年の3月8日、ニューヨークで女性労働者が参政権を求めてデモが行われました。

 ⇒昨年の投稿『一番賑やかなヤツであってくれ

今年は何にしようかなあと、「茨木のり子詩集」のページをめくってみました。

『落ちこぼれ』のなかの「華々しい意志」という言葉が飛び込んできて読み直してみると、いつものように檄をとばされて・・・落ちこぼれの実を包容できる豊かさを、持ちうる人になりたいものだと思ったことでした。

はみだしナースと名乗るに値する味を身につける60歳代にしたいなあ、な~んてね(笑)

続きを読む

春が来た!クリスマスローズ

お椿さんが終わって、伊予路に春がやって来ました♪

とてもおだやかな陽射しのなか、おふく花壇のクリスマスローズが咲きました。

おふく花壇のクリスマスローズは、近所の見知らぬ方が開設時に植えていってくれたものです。

郵便受けの前にある、大きな多肉植物の寄せ植えも、同じ方が置いていきました。

小さな看板に載せている番号に電話をかけてこられ、「いい花壇ができたから植えておいたよ」と!

そんな人もいるんだなあ~と感激したものです。

続きを読む

2016年以前のブログはこちらから