おふくは、ケアする人を支えます

おふくの手

ちょっとした家事や外出付き添いなど、家族に代わってお手伝いします。

ほっとサロンおふく

介護にかかわる人たちが気軽に集うコミュニティづくりを行っています。

ときめき支援室

ほほえみとやすらぎのケアを実践したい介護☆福祉職を応援します。


ほっとサロンおふく セミナー情報

近日開催


☆第5回「ゆるふわ読書会」

  11月14日(土)19時~21時

  課題本:『ゆるゆるスローなべてるの家』大月書店

☆第7回「おふく感謝祭」

  11月23日(月・祝)13時~16時

 フリーマーケット・おむつミニセミナー

   ⇒詳しくはコチラ

☆第25回「本好きのための読書サロン」

  12月12日(土)19時~21時

   持ち寄り本テーマ『わたしの2020年』


おふくブログ 新着情報

『構想』と『実行』の統一を目指す

お金の話は苦手です。おこづかい帳も家計簿も3日と続かないし、何かのために貯蓄するということができない性分です。あると使ってしまう…(笑)

株価がどうのとか、景気がどうのとか、そういう話になると、脳が止まってしまいます。

このコロナ禍にあって馴染めなかった言葉のひとつが、「経済を回す」でした。

“外出自粛”で飲食や観光などが大変、ということは理解できます。「なんとしても経済を回す」ため、〇〇キャンペーンに税金を投入、市民が外出してお金を使う、すると「経済を回す」ことになる…?

続きを読む

ほんとうのものを見る勇気があれば…

第26回「本好きのための読書会」は、『勇気』をテーマに持ち寄りました。

進む勇気、とどまる勇気。

変える勇気、変えない勇気。

こころの扉を開く勇気、守りぬく勇気。

あきらめる勇気、あきらめない勇気。

求める勇気、受け入れる勇気。

言葉にする勇気、聴く勇気。

いろんな『勇気』が集まって、こころのエネルギーになっていった時間でした。ご参加ありがとうございました。

『愛には、いさましさも含まれていて、勇気には、やさしさが含まれている』(やなせたかし著「ぼくが正義について語るなら」より)

続きを読む

本と共に立ちどまって考えた

続きを読む