おふくは、ケアする人を支えます

おふくの手

ちょっとした家事や外出付き添いなど、家族に代わってお手伝いします。

ほっとサロンおふく

介護にかかわる人たちが気軽に集うコミュニティづくりを行っています。

ときめき支援室

ほほえみとやすらぎのケアを実践したい介護☆福祉職を応援します。


ほっとサロンおふく セミナー情報

募集中


☆キネステティクス®ベーシックコース

 ①3/23(土) 9時~17時

 ②3/24(日) 9時~17時 

 ③4/14(日) 9時~17時

  ※3日間のコースです

  ※詳しくはコチラから

☆介護職のための介護塾⑩

 メディカルハーブ教室Ⅱ

 4月7日(日) 13時30分~15時

 4月20日(土) 18時30分~20時

 ※日曜コースを21日から7日変更しました

  ⇒詳しくはコチラから

近日開催


☆介護職のための介護塾⑨

「毎日がアルツハイマー/DVDを観る会」

 3月16日(土)19時~21時

 3月21日(木・祝)14時~16時

 ⇒詳しくはコチラ

☆第15回「本好きのための読書サロン」

 4月13日(土)19時~21時

   テーマ『水』


おふくブログ 新着情報

ハーブ教室の仲間たち♪

ケアする人をケアしたい、おふくメディカルハーブ教室の仲間たちは、愛にあふれている人たち。

「自分のため」を入り口にしているので、まずは、自分に必要な手当てをやってみるのだけれど、自分への愛を、惜しみなく口にして実践できる人たちです。

植物の「有効成分」「効能」はもちろんなんだけれども、知識を吸収したり手作りしたりしている時間そのものが「効いている」のは間違いないと思うのです。

 

続きを読む

続・ネコが教えてくれたこと

『死は大きな出来事である。と、同時に大小様々のいろんなことが起こり、一切が過ぎていく。その過ぎていく一切が、大きなできごとにつながっていく。私は深い混乱のなかで、なにを話したらよいのかわからない』(町田康「猫のよびごえ」より)

芥川賞作家・町田康と猫たちとの日々を描くフォトエッセイシリーズ4冊を再読しながら、子ネコとの最後の2週間を過ごしていた。

猫に呼ばれるように、次々に出会っていく町田さんの奮闘ぶりに励まされながら、別れの覚悟もしていた。

続きを読む

「水」のように柔軟に力強く

第15回「本好きのための読書サロン」のテーマは『水』でした。

ハッとするような選書や「ほお~!」と唸ってしまう選書の数々で盛り上がり、本との出会いを楽しんだ時間。

今回は特に、子どもの本について考えることが多かった気がします。

生きていくことの悲しみと喜び。自分へのまなざし。他者へのまなざし。小さく弱いものへ、大いなるものへ。

ご参加の皆さま、ありがとうございました。

次回は6月8日です♪

続きを読む