地域であたりまえに暮らし続けられる居場所づくり

自費ホームヘルプ

ちょっとした家事や外出の付き添い見守りなど、自費でお手伝いしています。

地域交流サロン

介護にかかわる人たちが気軽に集うコミュニティづくりを行っています。

介護研修

コンサルティング

ほほえみとやすらぎのケアを実践したい介護職・福祉職の方を応援します。


生活支援付きシェアホーム「おふくの家」

2021年5月に「おふくの家」を開設しました。施設でも自宅でもない第3の選択肢です。民家のよさをそのまま活かした家、年齢や病名に関係なく共に暮らす家。「おふくの家」では、皆がお互いさまで助け合いながら暮らします。

ほっとサロンおふく情報

サロン情報


2020年3月開催

ケアする人のためのゆるふわ読書会


おふくブログ 新着情報

ホームページをリニューアル♪

《シェアホームおふくの家》開所にあたり、ホームページをリニューアルしました。

物件の購入から開所まで、お世話になった方々に改めて心から深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

もとの家にあった家具や草木たちを大切にしながら、スタッフさんやこれから出会う利用者の皆さんと「お互いさまで住まう家」を創っていきたいと思います。

続きを読む

『構想』と『実行』の統一を目指す

お金の話は苦手です。おこづかい帳も家計簿も3日と続かないし、何かのために貯蓄するということができない性分です。あると使ってしまう…(笑)

株価がどうのとか、景気がどうのとか、そういう話になると、脳が止まってしまいます。

このコロナ禍にあって馴染めなかった言葉のひとつが、「経済を回す」でした。

“外出自粛”で飲食や観光などが大変、ということは理解できます。「なんとしても経済を回す」ため、〇〇キャンペーンに税金を投入、市民が外出してお金を使う、すると「経済を回す」ことになる…?

続きを読む

ほんとうのものを見る勇気があれば…

第26回「本好きのための読書会」は、『勇気』をテーマに持ち寄りました。

進む勇気、とどまる勇気。

変える勇気、変えない勇気。

こころの扉を開く勇気、守りぬく勇気。

あきらめる勇気、あきらめない勇気。

求める勇気、受け入れる勇気。

言葉にする勇気、聴く勇気。

いろんな『勇気』が集まって、こころのエネルギーになっていった時間でした。ご参加ありがとうございました。

『愛には、いさましさも含まれていて、勇気には、やさしさが含まれている』(やなせたかし著「ぼくが正義について語るなら」より)

続きを読む