おふくは、ケアする人を支えます

おふくの手

ちょっとした家事や外出付き添いなど、家族に代わってお手伝いします。

ほっとサロンおふく

介護にかかわる人たちが気軽に集うコミュニティづくりを行っています。

ときめき支援室

ほほえみとやすらぎのケアを実践したい介護☆福祉職を応援します。


ほっとサロンおふく セミナー情報

募集中


☆キネステティクスⓇベーシックコース

 ①4月28日(土)

 ②5月12日(土)

 ③5月13日(日)

  ⇒詳しくはコチラ

☆介護職のための介護塾⑦

「心理学で学ぶ対話の達人になる方法」

 ・5/19、6/16、7/21

 ・5/20、6/17、7/22

  ⇒詳しくはコチラ

☆人にやさしい介助を学ぶ⑨

 7月8日(日)10時~12時

近日開催


☆第10回 本好きのための読書サロン

 4月14日(土)19時~21時

  ⇒詳しくはコチラ

☆おとなのコラージュ倶楽部②

 5月12日(土)19時~21時

  ⇒詳しくはコチラ

☆キネステティクスⓇアドバンスコース

 ①5月27日(日)

 ②6月23日(土)

 ③6月24日(日)

  ベーシックコース修了者が対象です

   ⇒詳しくはコチラ


おふくブログ 新着情報

メディカルハーブの楽しみ

昨年の「ハーバルセラピスト」講座で作ったエキナセア・チンキの効果を実感して以来、チンキ剤にはまっています♪

ハーブをアルコールに浸すことで、植物に含まれる水溶性成分も脂溶性成分も抽出できてしまうチンキ剤。

簡単にできて長期保存ができて、しかも使いやすいという優れものです。

不精な私には、ゆったりハーブティをいただいたり、お料理に取り入れたりするよりピッタリなんです(笑)

免疫賦活作用のエキナセアで風邪薬を使わない冬をすごし、抗菌・収れん作用のセージで喉の不調を乗り切りました。

続きを読む

通過儀礼と再生の物語

第10回「本好きのための読書サロン」には、『旅立ち』をイメージした本が持ち寄られました。

人は、生まれてから最期を迎えるときまで『成長と発達』を続けると言われています。

参加メンバーが『旅立ち』からイメージしたのは、発達段階や人生の節目に訪れる通過儀礼と別れの物語、死と再生の物語でありました。

アンパンマンの作者・やなせたかしさんの本が出てきた瞬間「そうそう、そうだね~」全員一致の納得感がすごかったです(笑)

テーマ「旅立ち」のキーワードは、まさに「愛と勇気だけがともだちさ」なのでありました。

続きを読む

やっぱり『高知家』は熱い!

高知市内で開催された「第1回 高知家統一基本ケアセミナーフォーラム」に行ってまいりました。

高速道路から見える山あいの里では、もう水田に水がひかれていて、キラキラと春の陽に輝いておりました。

そんな南国土佐の医療・福祉関係者が集結した会場は、やっぱり熱い情熱に満ち満ちて、圧倒された数時間でした。

 ⇒前回の『高知家』訪問はコチラ

 

 

「高知家基本統一ケア」は、「どんな状態でも、どこで暮らしていても、安心して暮らすことのできる高知県」にするため、平成26年から始まりました。

 

続きを読む