介護・福祉職の方たちを対象にした出前講座にて、

  毎回たくさんの感想・ご意見をいただいています。

  以下に、一部をご紹介します。

  

  講師への評価は、

   「話がわかりやすい」

   「苦手なグループ ワークが今日は楽しくできた」

   「とても共感した」

   「熱意が伝わった」などをいただいています。

【虐待防止・チームワークを支えるもの】

 *このような研修は年に一度は参加したいです。                        

 *他部署であまり仕事を一緒にしない方の話が聞けて良かったです。相手の話を聞き、自分自身も気持

  ち良く聞き、良き職場になるようにしていきたいと思います。               

 *チームワークの大切さを考え、今後も今回のような研修をしてほしいと思いました。

 *あっという間の研修でした。グループワークで皆が参加できて良かった。大きな組織を立て直すには、

  この小さなチームから良くしていく必要性があると思った。

 

【困難事例に学ぶ】

 *誰のための支援か、本人がそれを望んでいるのかを改めて考えたい。

 *自分の困難が他の支援者にとっては困難ではなく、他の支援者のことは聞いてみないと気づかないこ

  ともあった。他の支援者のことも思いやりながら仕事をしたい。

 *利用者と職員が喜び合える支援をしていきたい。

 *今回の研修を、職員のモチベーションを高め維持することに活用しようと思いました。

 

【コミュニケーション スキルアップ】

 *相談員は傾聴が大切だと思っていたが、傾聴のスキルは伝え方だということを聞いて、伝えることの大

  切さを学んだ。相手がどう受け止めているか、相手が聞きたいことが聞けるような相談業務をしていき

  たい。

*相談員として傾聴することが大切であることは理解していたが、短い時間でもどれだけ相手の思いを受

  け止められるかが必要であると勉強できた。

 *ユニットのメンバーと話し合ってみたいと思いました。

 *日常の業務では「〇〇できない」というマイナスの情報が中心になっているので、スタッフ間でモチベー

  ションが下がりがちになる。ほめること、ポジティブに考えることが大切だと考えるきかっけになった。

 

【認知症ケア】

 *基本的なことが理解できた。まず、自分自身をふりかえりたい。

 *非言語のコミュニケーションを大切にしたい。

 *「帰りたい」という人に、「帰れない理由」を説明することばかりしていました。

 *嫌がることをするから拒否されるのだとわかりました。

 *ひとりの人を特別扱いしてはいけない、そう思い込んでいました。